国立岐阜工業高等専門学校(岐阜高専) 電気情報工学科教授 冨田睦雄(とみたむつを)博士の夢

国立岐阜工業高等専門学校(岐阜高専) 電気情報工学科教授

 冨田睦雄博士の夢

 (Prof. Dr. Mutuwo Tomita's Dream)


H14/3/21より現在までのアクセス数は です。

  • (その1)先生!わたし、もう生徒じゃありません!! っていわれてみたい。


  • (その2)将来、とみたむつをがエアコン用 高効率モータ開発競争に参加したこと が、NHKの「プロジェクトX」に取り上げられること。


    その実施例

    「X(エックス)」

    平成7年、名古屋市千種区不老町名古屋大学東山キャンパスを、 かったるそうに歩く一人の男がいた。

    冨田睦雄(とみたむつを)。当時29歳。

    5年勤めた高校教師を退職し、5年遅い大学院生だった。

    かったるそうなのは、悪気があったわけではなく、

    恒常的に締め切りを5本程抱え、

    疲れ切っていたのだ。

    そんなある日、とみたは、ある部屋に呼ばれ、こう言われた。

    「地球温暖化の防止に一役かってくれないでしょうか?」

    その日から、エアコン用高効率モータ開発が、仕事に加わった。

    これは、高効率モータの開発に奔走した一人の男のドラマである。

    ここで、オープニングテーマ。 中島みゆきさんの「地上の星」がスタートする。

    「プロジェクトX」

    (テロップが流れる。)

    「5年遅れの人生」
    「3徹」
    「連日の点滴」
    「過酷な効率競争のまっただ中、平気な顔をして行った新婚旅行」
    「子供達に美しい地球を!!」
    「まったなし!!」

    國井さん:「いやー。緑の多い大学ですねぇ…」

    (中略)

    効率が高くならない時、とみたは、悩んでこう漏らした。

    「どうしたら、 桜井幸子さんが、 私の作ったモータを搭載したエアコンのCMをやってくれるんだろうか…」

    前振り長くて、どうもすみません…。

    今日のBGVは、「ハローモーニング」。


ホームページに戻る
mutuwo[at]nagoya-u.jp     [at]は@に変えて下さい。
Comments