02 国立岐阜高専 電気情報工学科教授 冨田睦雄(とみたむつを)の研究業績(令和3年8月28日(土)更新)

国立岐阜工業高等専門学校(岐阜高専)電気情報工学科教授冨田睦雄(とみたむつを)の研究業績(令和3年8月28日(土)更新)

(Prof. Dr. Mutuwo Tomita's Research list.)

===================================================================================

冨田睦雄(とみたむつを)の何研究してんの?(女優編)は、 こちら。

====================================================================================

国立岐阜高専 電気情報工学科教授 冨田研究室学生執筆・発表について

冨田研究室本科生及び本科生卒業後編入した大学3年生で、卒業研究を、

また、冨田研究室専攻科生及び専攻科修了生で、専攻科特別研究を、

学会誌論文誌等に執筆した件数は、3件。

国際会議で発表した件数は、20件。

電気学会全国大会で発表した件数は、10件。

電気学会産業応用部門大会で発表した件数は、16件。

電気学会研究会で発表した件数は、8件。

電気・電子・情報関係学会東海支部連合大会で発表した件数は、3件。

の実績があります。

なお、内、国際会議10件の学生の発表については、以下の実績があります。

・祝!!冨田睦雄研学生。電気学会100周年記念基金国際交流助成を頂き国際会議(ICEMS2010-Incheon, Korea)で発表しました。

・祝!!冨田睦雄研学生。IEEE(米国電気電子学会)名古屋支部 2012年度国際会議研究発表助成受賞(International Conference Presentation Student Award)を頂きました。(IEEE IECON2011-Melbourne, Australia)。

・祝!!平成25年3月冨田睦雄研究室の卒業生で、京都大学工学部電気電子工学科3回生(平成25年4月,2回生に編入)の野原紗季さんが、平成25年11月オーストリア,ウィーンで開催された国際会議 IEEE IECON2013-Vienna(Austria)において、冨田睦雄研究室での卒業研究の成果を発表し、IEEE(米国電気電子学会)名古屋支部 2014年度国際会議研究発表賞(IEEE Nagoya Section Conference Presentation Award)を受賞しました!!(平成26年4月5日)

・祝!!冨田睦雄研学生で、専攻科2年生の近藤翔太君が国際会議ICEM2014-Berlin(Germany)で発表し、IEEE(米国電気電子学会)名古屋支部 2015年国際会議研究発表賞 (IEEE Nagoya Section Conference Presentation Award)を受賞しました!!(平成27年4月5日)

・祝!!冨田睦雄研学生で、専攻科2年生の近藤翔太君が、電気学会創立100周年記念基金国際交流助成(国際会議への出席助成。平成27年度下半期) (IEEJ International Conference Travel Grant) を受け国際会議 IEEE IFEEC2015-Taipei にて発表(平成27年11月3日)。

・祝!!冨田睦雄研学生で、専攻科2年生の遠松聖也が国際会議IEEE IFEEC2015-Tapei(Taiwan)で発表し、IEEE(米国電気電子学会)名古屋支部 2016年国際会議研究発表賞 (IEEE Nagoya Section Conference Presentation Award)の受賞が決定しました!!(平成28年3月23日)。授賞式は平成28年4月23日に行われました。

・祝!!冨田睦雄研の学生で、5年生(大学2年年齢相当)の牧村愛萌さんが、電気学会創立100周年記念基金国際交流助成(国際会議への出席助成,平成28年度下半期) (IEEJ International Conference Travel Grant) を受け国際会議IEEE SPEC2016-Aucklandにて発表しました(平成28年12月8日)。この発表により、牧村愛萌さんは、IEEE(米国電気電子学会)名古屋支部 2017年国際会議研究発表賞 (IEEE Nagoya Section Conference Presentation Award)の受賞が決定しました!!(平成29年3月24日)。授賞式は平成29年4月1日に行われました。

・祝!!岐阜高専冨田睦雄研の学生で、岐阜高専専攻科1年生(大学3年年齢相当)の馬渕俊弥君が、平成29年8月,国際会議ICEMS2017-Sydneyにて2件の発表を行いました。これらの発表により、平成30年3月24日(土),馬渕俊弥君は、IEEE(米国電気電子学会)名古屋支部 2018年国際会議研究発表賞を受賞しました。表彰式の様子は、こちらです(IEEE Nagoya SectionさまのHPに飛びます)。

・平成31年3月30日(土):祝!!岐阜高専冨田睦雄研の学生で、岐阜高専専攻科1年生(大学3年年齢相当)の畑中孝斗君が、平成30年9月,ギリシャ,アレクサンドルーポリで開催された 国際会議 ICEM2018-Alexandroupoli (Greece) にて発表を行いました。この発表により、平成31年3月25日(月),畑中孝斗君は、IEEE(米国電気電子学会)名古屋支部 2019年国際会議研究発表賞を受賞しました。

・令和2年4月4日(土):祝!!岐阜高専冨田睦雄研の学生で、岐阜高専専攻科2年生(大学4年年齢相当)の加藤聡馬君が、令和元年11月,シンガポールで開催された 国際会議 IFEEC2019-Singapore にて発表を行いました。この発表により、令和2年4月4日(土),加藤聡馬君は、2020年 IEEE(米国電気電子学会)名古屋支部 国際会議研究発表賞を受賞しました。

========================================================

研究業績一覧

----------------------------------------------

学会誌論文等

平成16年度小平記念賞受賞論文 (財団法人 小平記念日立教育振興財団様より)

拡張誘起電圧モデルに基づく 突極型永久磁石同期モータのセンサレス制御」,市川真士,陳 志謙, 冨田 睦雄, 道木 慎二, 大熊 繁,電気学会論文誌D,122巻,12号,平成14年, Trans.IEE of Japan,Vol.122-D,December,No.12,2002,pp.1088-1096, (ONLINE ISSN: 1348-8163, PRINT ISSN: 0913-6339), DOI: 10.1541/ieejias.122.1088, (2002.12).

======================================

雑誌掲載・研究紹介等

  1. 「研究グループ紹介(岐阜工業高等専門学校 電気情報工学科 冨田研究室)」, 冨田 睦雄, 電気学会産業応用部門広報記事(ニュースレター)平成21年6月号,pp.6 ,(2009.06).

  2. 「運がとってもよかった??モータを研究する高専教員が語る『電気工学を究める』」, 冨田 睦雄,パワーアカデミー 電気工学を究める(現:電気工学のヒトたち) 研究者コラム,http://www.power-academy.jp/master/column/vol9/000165.php(掲載当時URL),http://www.power-academy.jp/human/researcher/vol09/2011年04月22日掲載, (2011.4).

  3. 「高効率同期モータの制御の研究」(研究紹介展示),冨田 睦雄,ものづくり岐阜テクノフェア2015,ブースNo.61,平成27年11月13日,11月14日 (2015.11.13-14)(岐阜メモリアルセンター「で愛ドーム」).

  4. 『「高効率モータと省エネルギー」のお話』(講座講師)冨田 睦雄,平成28年度岐阜市産学官連携事業・生涯学習「長良川大学」認定講座 岐阜市ビジネススクール平成28年11月9日(水) (2016.11.09)(JR岐阜駅内 ハートフルスクエアー G 2F 中研修室).

  5. 「学会情報 国際会議レポート(The 2nd IEEE Southern Power Electronics Conference (SPEC 2016), December 5-8, 2016, Auckland, New Zealand)」冨田 睦雄,田中 俊彦,電気学会論文誌D(産業応用部門誌), 137巻, 5号, p. NL5_13, DOI: https://doi.org/10.1541/ieejias.137.NL5_13, (2017.05).

  6. 「第12回 高専パワエレフォーラム・教員による各高専の近況報告,教育,研究発表会」(口頭発表),冨田 睦雄,令和元年8月23日(金)(2019.08.23)(長崎県社会福祉協議会,長崎県総合福祉センター 会議室V3(長崎県茂里町3番24号)).

==================================

国際会議発表

"Position Estimation for Sensorless Control of Synchronous Reluctance Motor at Low Speed Using Disturbance Observer", Kosuke Kato, Mutuwo Tomita, Shinji Doki, Shigeru Okuma, International Conference on Electrical Machines and Systems 2010 (ICEMS2010-Incheon) Proceedings, Oct.2010, pp.716-720, Electronic ISBN:978-89-86510-11-9, Print ISBN:978-1-4244-7720-3, CD:978-89-86510-12-6, (2010.10).

"Position and Velocity Sensorless Control of Synchronous Reluctance Motor at Low Speed Using Disturbance Observer for High-Frequency Extended EMF", Kosuke Kato, Mutuwo Tomita, Masaru Hasegawa, Shinji Doki, Shigeru Okuma, Shinji Kato, Proceedings of the 37th Annual Conference of the IEEE Industrial Electronics Society (IECON2011-Melbourne), 9th,Nov.2011, pp.1971-pp.1976, DOI:10.1109/IECON.2011.6119441, (2011.11.09).

    1. "PMSM position sensorless control with extended flux observer", Yukitsugu Imaeda, Shinji Doki, Masaru Hasegawa, Keiju Matsui, Mutuwo Tomita, Takumi Ohnuma, Proceedings of the 37th Annual Conference of the IEEE Industrial Electronics Society (IECON2011-Melbourne), 8th,Nov.2011, pp.4721-pp.4726, DOI: 10.1109/IECON.2011.6119994, (2011.11.08).

    2. "Position Sensorless Control of Synchronous Reluctance Motor at Low Speeds Using High-Frequency Extended EMF Observer and Heterodyne Detection", KURITA Soichiro, TOMITA Mutuwo, HASEGAWA Masaru, DOKI Shinji, KATO Shinji, Proceedings of the International Conference on Electrical Engineering 2012 (ICEE2012-Kanazawa), 9th,July.2012, pp.234-pp.239, (2012.07).

    3. "Fast Initial Position Estimation for IPMSMs at Standstill Using Comb Filters", Toshiki Suzuki, Masaru Hasegawa, Mutuwo Tomita, EPE'13 ECCE Europe(15th European Conference on Power Electronics and Applications)(Lille, France), ISBN: 978-90-75815-17-7 and 978-1-4799-0114-2, P.1-P.10, Tuesday 3 September - 14:50, DOI: 10.1109/EPE.2013.6631833, (2013-9).

    4. IEEE(米国電気電子学会)名古屋支部 2014年国際会議研究発表賞受賞(冨田睦雄研学生)(IEEE Nagoya Section Conference Presentation Award (for Prof. Dr.Mutuwo Tomita Lab. Student))

"A New Design Method of Full-Order Extended Electromotive Force Observer for Position Sensorless Control of IPMSM", Saki Nohara, Mutuwo Tomita, Masaru Hasegawa, Shinji Doki, Shinji Kato, Proceedings of the 39th Annual Conference of the IEEE Industrial Electronics Society (IECON2013-Vienna), 13th,Nov.2013, pp.2512-pp.2517, ISSN: 1553-572X, DOI: 10.1109/IECON.2013.6699526 , (2013.11.13).

Position and Velocity Sensorless Control forSynchronous Reluctance Motor at Low Speeds andunder Loaded Conditions Using High-FrequencyExtended EMF Observer and Heterodyne Detection , Shota Kondo, Yumika Sato, Taiga Goto, Mutuwo Tomita, Masaru Hasegawa, Shinji Doki, Shinji Kato, Proceedings of the 2014 International Conference on Electrical Machines (ICEM 2014-Berlin), ISBN:978-1-4799-4775-1, pp.857-pp.863, DOI:10.1109/ICELMACH.2014.6960281 (2014.09.04).

Position Sensorless Control of SynRM at Low Speeds by Estimating High-Frequency Extended EMF Using Disturbance Observer, Shota Kondo, Mutuwo Tomita, Masaru Hasegawa, Shinji Doki, Shinji Kato, Proceedings of 2015 IEEE International Future Energy Electronics Conference (IEEE IFEEC 2015-Taipei), ISBN:978-1-4799-7657-3 , MD1-02: Motor Drives I-02, No.290082, pp.1-5, DOI:10.1109/IFEEC.2015.7361401 ,(Howard International House, Taipei, Taiwan),(2015.11.03) .

A Design Method of Full-Order Flux Observer for Realization of both MTPA Control and Position Sensorless Control of IPMSM, Seiya Tomatsu, Shota Kondo, Mutuwo Tomita, Atsushi Matsumoto, Masaru Hasegawa, Shinji Doki, Shinji Kato, Proceedings of 2015 IEEE International Future Energy Electronics Conference (IEEE IFEEC 2015-Taipei), ISBN:978-1-4799-7657-3, MD2-02: Motor Drives II-02, No.290187, pp.1-5, DOI:10.1109/IFEEC.2015.7361447, (Howard International House, Taipei, Taiwan), (2015.11.03).

    1. Advanced-Angle Estimation of Block Communication Controlled IPMSM with DC-busCurrent Measurement, Takuya Sugimura, Masaru Hasegawa, Atsushi Matsumoto, Mutuwo Tomita, Proceedings of 2015 IEEE International Future Energy Electronics Conference (IEEE IFEEC 2015-Taipei), ISBN:978-1-4799-7657-3, Poster Session III-6, No.290190, pp.1-6, DOI:10.1109/IFEEC.2015.7361449 , (Howard International House, Taipei, Taiwan), (2015.11.04).

    2. ・電気学会創立100周年記念基金国際交流助成(国際会議への出席助成)を受け国際会議にて発表(冨田睦雄研学生) (IEEJ International Conference Travel Grant(for Prof. Dr.Mutuwo Tomita Lab. Student))

"Study of Influence of Inductance Variation of Position Sensorless Control of SynRM at Low Speeds by Estimating High-Frequency Extended EMF Caused by Superimposed Current", Ayame Makimura, Yuta Nomura, Shota Kondo, Mutuwo Tomita, Masaru Hasegawa, Shinji Doki, and Shinji Kato, Proceedings of 2016 IEEE 2nd Annual Southern Power Electronics Conference (IEEE SPEC2016-Auckland), ISBN 978-1-5090-1545-0, IEEE Catalog Number CFP16F32-USB, (No.212), pp.1-pp.6, S36: Design Issues and Sensorless Control of AC Machines No.212, DOI : 10.1109/SPEC.2016.7846065 , (The University of Auckland, Auckland, New Zealand), (2016.12.08).

"A Study of Design Method of Full-Order Observer based on Extended Electromotive Force for Position Sensorless Control of IPMSMs", Toshiya Mabuchi, Ayame Makimura, Mutuwo Tomita, Shota Kondo, Masaru Hasegawa, Shinji Doki and Shinji Kato, Proceedings of the 20th International Conference on Electrical Machines and Systems(ICEMS2017-Sydney), Oral Session 9D: Motor Drives (D), Location: Meeting Room C3.4, ICC, 16:15-16:30(Paper ID:512), DOI: 10.1109/ICEMS.2017.8056278, pp.1-6, (International Convention Centre Sydney, NSW, Australia), (2017.08.13) .

"Position Sensorless Control of Synchronous Reluctance Motors at Very Low Speeds Region Using High-frequency Current Control System", Toshiya Mabuchi, Ayame Makimura, Mutuwo Tomita, Shota Kondo, Masaru Hasegawa, Shinji Doki and Shinji Kato, Proceedings of the 20th International Conference on Electrical Machines and Systems(ICEMS2017-Sydney), Oral Session 9D: Motor Drives (D), Location: Meeting Room C3.4, ICC, 16:45–17:00(Paper ID:086), DOI: 10.1109/ICEMS.2017.8055979, pp.1-6, (International Convention Centre Sydney, NSW, Australia), (2017.08.13) .

"Robust Position Sensorless Control against Inductance Variations of Synchronous Reluctance Motors in Low-Speed Region Using High-frequency Current Control", Takato Hatanaka, Toshiya Mabuchi, Mutuwo Tomita, Masaru Hasegawa, Shinji Doki, and Shinji Kato, Proceedings of the 2018 XIII International Conference on Electrical Machines (ICEM-2018-Alexandroupoli, Greece), pp.1677-1683, (Paper No.AF-004723), Oral Sessions, TT05 - Sensorless control and parameter identification of electric drives (17:10-17:30), ISBN: 978-1-5386-2476-0, IEEE Catalog Number: CFP1890B-USB, DOI: 10.1109/ICELMACH.2018.8507089, (Ramada Plaza Thraki(Room: C - Nikki), 4th Km National Road Alexandroupolis - Thessaloniki, Alexandroupoli 681 00, Alexandroupoli, Greece), (2018.09.04).

"Pole Assignment of Full-Order Flux Observer to Realize Both MTPA Control and Position Sensorless Control of IPMSM" , Soma Kato, Takato Hatanaka, Mutuwo Tomita, Atsushi Matsumoto, Masaru Hasegawa and Shinji Doki, Proceedings of the 4th IEEE International Future Energy Electronics Conference (IEEE IFEEC 2019, Singapore), pp.515-520, (Paper ID:1082), Technical Session 11 (C1‐EMD2): Electric Machines and Drives 2 (8), (4.00pm‐6.00pm), Electronic ISBN: 978-1-7281-3153-5, Print on Demand(PoD) ISBN: 978-1-7281-3154-2, DOI: 10.1109/IFEEC47410.2019.9014918, (Parkroyal on Beach Road, Singapore (Sky Ballroom 1)), (2019.11.26) .



=================================

国内会議

令和3年度

    1. 「高周波電流重畳を用いたSynRMの低速時の位置センサレス制御におけるインダクタンス誤差の影響」 ,林 立喜・片岡浩輝・冨田 睦雄・長谷川 勝・道木 慎二, 2021年電気学会産業応用部門大会講演論文集[III], No.3-35, pp.III-263-III-266, (ニューオータニ長岡とオンラインとのハイブリッド開催), (2021.08.26). 

令和2年度

    1. 「渦電流を用いた表面磁石型同期モータの停止時の回転子位置推定」 ,加藤 聡馬・冨田 睦雄・長谷川 勝・道木 慎二, 令和二年度 電気・電子・情報関係学会 東海支部連合大会, Paper No : B4-7, (WEB開催(愛知県立大学)), (2020.09.04).

    2. 「高周波電流制御を用いたSynRMの低速時の位置センサレス制御におけるインダクタンス誤差の影響」,林 立喜・國枝 武史・冨田 睦雄・長谷川 勝・道木 慎二,令和3年電気学会全国大会講演論文集, No.5-099, pp.169-170, (オンライン開催(大阪大学 豊中キャンパス)), (2021.03.09).

令和元年度

    1. 「高周波電流重畳システムを用いた極低速域におけるSynRM の位置センサレス制御」, 畑中 孝斗・加藤 聡馬・伊藤 亮人・冨田 睦雄・長谷川 勝・道木 慎二・加藤 真二, 2019年電気学会産業応用部門大会講演論文集[III], No.3-18, pp.III-207-III-210, (長崎大学 文教キャンパス), (2019.08.21).

    2. 「MTPA 制御が容易な磁束モデルに基づく同一次元オブザーバを用いたIPMSM の位置センサレス制御」, 加藤 聡馬・畑中 孝斗・伊藤 亮人・冨田 睦雄・松本 純・長谷川 勝・道木 慎二・加藤 真二, 2019年電気学会産業応用部門大会講演論文集[III], No.3-62 pp.III-369-III-372, (長崎大学 文教キャンパス), (2019.08.22).

    3. 「渦電流を用いたSPMSM の位置推定」, 伊藤 亮人・加藤 聡馬・畑中 孝斗・冨田 睦雄・長谷川 勝・道木 慎二・加藤 真二, 2019年電気学会産業応用部門大会講演論文集[III], No.3-74 pp.III-421-III-424, (長崎大学 文教キャンパス), (2019.08.22).

    4. 「高周波電流重畳システムを用いた極低速時におけるSynRMの位置センサレス制御」, 畑中 孝斗,加藤 聡馬,冨田 睦雄,長谷川 勝,道木 慎二,加藤 真二, 令和元年度 電気・電子・情報関係学会 東海支部連合大会講演論文集, No.H1-6 (企画セッション「東海地区のモータドライブ技術I」), (大同大学), (2019.09.09).

    5. 「渦電流を用いたSPMSMの回転子位置推定」, 伊藤 亮人,加藤 聡馬,畑中 孝斗,冨田 睦雄,長谷川 勝,道木 慎二,加藤 真二, 令和元年度 電気・電子・情報関係学会 東海支部連合大会講演論文集, No.H1-7 (企画セッション「東海地区のモータドライブ技術I」), (大同大学), (2019.09.09).

    6. 「信号重畳とオブザーバを利用した低速用位置センサレス手法におけるパラメータ設定誤差による定常・過渡応答への影響解析」, 二村 拓未,道木 慎二,冨田 睦雄, 令和元年度 電気・電子・情報関係学会 東海支部連合大会講演論文集, No.H2-1 (企画セッション「東海地区のモータドライブ技術II」), (大同大学), (2019.09.09).

    7. 「MTPA制御が容易な磁束モデルを持つ同一次元オブザーバを用いたIPMSMの位置センサレス制御」, 加藤 聡馬,畑中 孝斗,冨田 睦雄,松本 純,長谷川 勝,道木 慎二,加藤 真二,令和元年度 電気・電子・情報関係学会 東海支部連合大会講演論文集, No.H2-2 (企画セッション「東海地区のモータドライブ技術II」), (大同大学), (2019.09.09).

    8. 「渦電流を用いたSPMSMの位置推定法」, 加藤 聡馬・畑中 孝斗・冨田 睦雄・長谷川 勝・道木 慎二・加藤 真二,令和2年電気学会全国大会講演論文集, No.5-095, pp.156-157, (東京電機大学 東京千住キャンパス), (2020.03.11).

平成30年度

    1. 「信号重畳起因拡張誘起電圧推定法における意図的なパラメータ誤差による停止低速時での位置推定に必要な重畳信号の低減」, 二村拓未,道木慎二,冨田睦雄,平成30年度 電気・電子・情報関係学会 東海支部連合大会講演論文集, No.D5-2 (企画セッション「東海地区のモータドライブ技術」), (名城大学), (2018.09.04).

    2. 「IPMSMの位置センサレス制御のための拡張誘起電圧に基づく同一次元オブザーバの極配置」,馬渕俊弥・冨田 睦雄・長谷川 勝・道木 慎二・加藤 真二,平成30年電気学会産業応用部門大会講演論文集[III], No.3-49, pp.III-281-III-284, (横浜国立大学), (2018.08.30).

平成29年度

    1. 「PMSM位置センサレス制御のための信号重畳起因の拡張誘起電圧とそのロバスト性に関する一考察」,近藤翔太,道木慎二,冨田睦雄,電気学会・モータドライブ/回転機/自動車・合同研究会資料,MD-17-073,RM-17-056,VT-17-010,2017年7月28日,pp.19-24,(電気学会会議室(東京都千代田区五番町6-2 Homat Horizon Bldg. 8F)), (2017.07.28).

    2. 「信号重畳起因の拡張誘起電圧を用いたPMSM 位置センサレス制御におけるパラメータ誤差に対するロバスト性の実機検証」,近藤翔太・道木慎二・冨田睦雄,平成29年電気学会産業応用部門大会講演論文集[III], No.3-11, pp.III-95-III-98, (函館アリーナ), (2017.08.29).

    3. 「高周波電流制御システムを用いた極低速域におけるシンクロナスリラクタンスモータの位置センサレス制御」,牧村愛萌・馬渕俊弥・冨田 睦雄・近藤 翔太・長谷川 勝・道木 慎二・加藤 真二,平成29年電気学会産業応用部門大会講演論文集[III], No.3-13, pp.III-103-III-106, (函館アリーナ), (2017.08.29).

    4. 「高周波電流制御システムを用いた零速度を含む極低速時におけるSynRMの位置センサレス制御」, 畑中 孝斗・馬渕 俊弥・冨田 睦雄・近藤 翔太・長谷川 勝・道木 慎二・加藤 真二,平成30年電気学会全国大会講演論文集, No.5-088, pp.152-153, (九州大学 伊都キャンパス), (2018.03.14).

    5. 「PMSMの位置センサレス制御に向けたq軸インダクタンスを用いず推定可能な仮想的な磁束とd軸との位相関係の検討」,近藤 翔太・道木 慎二・冨田 睦雄,平成30年電気学会全国大会講演論文集, No.5-092, pp.160-161, (九州大学 伊都キャンパス), (2018.03.14).

    6. 「拡張誘起電圧に基づく同一次元オブザーバを用いたIPMSMの位置センサレス制御」,馬渕 俊弥・冨田 睦雄・近藤 翔太・長谷川 勝・道木 慎二・加藤 真二,平成30年電気学会全国大会講演論文集, No.5-099, pp.173-174, (九州大学 伊都キャンパス), (2018.03.14).

平成28年度

    1. 「IPMSMの最大トルク制御と位置センサレス制御を実現する磁束モデルを用いた同一次元オブザーバの設計法」,冨田 睦雄・近藤 翔太・松本 純・長谷川 勝・道木 慎二・加藤 真二,平成28年電気学会産業応用部門大会講演論文集[III], No.3-64, pp.III-343-III-346, (群馬大学 荒牧キャンパス), (2016.09.01).

    2. 「PMSM位置センサレス制御のための高周波重畳信号起因の拡張誘起電圧推定におけるq軸インダクタンス変動に対するロバスト性」,近藤 翔太, 道木 慎二, 冨田 睦雄,電気学会・半導体電力変換/家電・民生/自動車・合同研究会資料, SPC-16-172, HCA-16-069, VT-16-039, 2016年12月8日, pp.29-34, (諏訪東京理科大学), (2016.12.08).

    3. 「PMSM位置センサレス制御のための高周波重畳信号起因の拡張誘起電圧推定におけるパラメータ誤差の影響」,近藤 翔太, 道木 慎二, 冨田 睦雄,平成29年電気学会全国大会講演論文集[4-146], Vol.4, pp.250-251, (富山大学五福キャンパス), (2017.03.15).

平成27年度

    1. 「高周波拡張誘起電圧外乱オブザーバを用いたSynRMの低速・負荷印加時における位置センサレス制御」,近藤 翔太・冨田 睦雄・長谷川 勝・道木 慎二・加藤 真二,平成27年電気学会産業応用部門大会講演論文集[III],pp.III-257-III-260, (大分大学), (2015.09.02).

    2. 「エアコンのコンプレッサ内部温度上昇による効率低下を低減したIPMモータの検討」,佐藤 光彦,金子 清一,冨田 睦雄,道木 慎二,平成27年電気学会産業応用部門大会講演論文集[III],pp.III-185-III-186, (大分大学), (2015.09.04).

    3. 「IPMSMの最大トルク制御と位置センサレス制御が実現可能な磁束推定のための同一次元オブザーバの設計法」,遠松 聖也・近藤 翔太・冨田 睦雄・松本 純・長谷川 勝・道木 慎二・加藤 真二,平成27年電気学会産業応用部門大会講演論文集[III],pp.III-325-III-328, (大分大学), (2015.09.04).

    4. 「高周波拡張誘起電圧外乱オブザーバを用いたシンクロナスリラクタンスモータの低速・負荷印加時における位置センサレス制御」,近藤 翔太, 冨田 睦雄, 長谷川 勝, 道木 慎二, 加藤 真二,電気学会・マグネティックス/モータドライブ/リニアドライブ・合同研究会,MAG-15-152・MD-15-135・LD-15-083,pp.95-100, (鹿児島県種子島(南種子町研修センター)), (2015.11.21).

    5. 「IPMSMの最大トルク制御と位置センサレス制御を実現可能にする磁束推定のための同一次元オブザーバの設計法」,遠松 聖也, 近藤 翔太, 冨田 睦雄, 松本 純, 長谷川 勝, 道木 慎二, 加藤 真二,電気学会・マグネティックス/モータドライブ/リニアドライブ・合同研究会,MAG-15-153・MD-15-136・LD-15-084,pp.101-106, (鹿児島県種子島(南種子町研修センター)), (2015.11.21).

    6. 「高周波電流注入と拡張誘起電圧外乱オブザーバを用いたSynRMの低速時の位置センサレス制御におけるインダクタンス変動の影響」,近藤 翔太・野村 勇太・冨田 睦雄・長谷川 勝・道木 慎二・加藤 真二,平成28年電気学会全国大会講演論文集[4-054], Vol.4, pp.89-90, (東北大学川内キャンパス), (2016.03.16).

    7. 「回転子に冷媒通路を配置するエアコンのコンプレッサ用IPMモータの検討」, 佐藤 光彦・金子 清一・鈴木 光広・冨田 睦雄・道木 慎二,平成28年電気学会全国大会講演論文集[5-023], Vol.5, pp.41-42, (東北大学川内キャンパス), (2016.03.18).

平成26年度

    1. 「磁石の角形性に着目したフェライトモータの減磁特性」,佐藤 光彦,金子 清一,冨田 睦雄,道木 慎二,平成26年電気学会産業応用部門大会講演論文集[III],pp.III-101-III-102, (東京電機大学), (2014.08.26).

    2. 「IPMSMの最大トルク制御と位置センサレス制御を実現する磁束を推定する同一次元オブザーバの設計法」,後藤 大河・佐藤 弓華・近藤 翔太・冨田 睦雄・松本 純・長谷川 勝・道木 慎二・加藤 真二,平成26年電気学会産業応用部門大会講演論文集[III],pp.III-275-III-278, (東京電機大学), (2014.08.28).

    3. 「高周波拡張誘起電圧外乱オブザーバを用いたシンクロナスリラクタンスモータの低速時における位置・速度センサレス制御」,近藤 翔太, 冨田 睦雄, 長谷川 勝, 道木 慎二, 加藤 真二,電気学会・マグネティックス/モータドライブ/リニアドライブ・合同研究会,MAG-14-134・MD-14-100・LD-14-078,pp.19-23, (金沢大学), (2014.11.20).

    4. 「新しい設計法を用いた同一次元拡張誘起電圧オブザーバによるIPMSMの位置・速度センサレス制御」,遠松 聖也, 近藤 翔太, 冨田 睦雄, 長谷川 勝, 道木 慎二, 加藤 真二,電気学会・マグネティックス/モータドライブ/リニアドライブ・合同研究会,MAG-14-135・MD-14-101・LD-14-079,pp.25-30,(金沢大学), (2014.11.20).

    5. 「エアコンのコンプレッサ用IPMモータのロータに配置する冷媒通路の検討」,佐藤 光彦,金子 清一,冨田 睦雄,道木 慎二,平成27年電気学会全国大会講演論文集[5-003],pp.[5]5-6, (東京都市大学), (2015.03.25).

    6. 「IPMSMの最大トルク制御と位置センサレス制御を実現する磁束推定のための同一次元オブザーバの設計法」, 遠松 聖也,近藤 翔太,冨田 睦雄,松本 純,長谷川 勝,道木 慎二,加藤 真二,平成27年電気学会全国大会講演論文集[4-038],pp.[4]56-57, (東京都市大学), (2015.03.26).

平成25年度

    1. 「生産性を考慮したエアコンのコンプレッサ用スポーク型IPMモータの実機検討」,佐藤 光彦,金子 清一,冨田 睦雄,道木 慎二,平成25年電気学会産業応用部門大会講演論文集[III],pp.III-107-III-110, (山口大学), (2013.08.28).

    2. 「高周波拡張誘起電圧外乱オブザーバと同期検波を用いたシンクロナスリラクタンスモータの低速・負荷印加時における位置・速度センサレス制御」,冨田 睦雄・長谷川 勝・道木 慎二・加藤 真二,平成25年電気学会産業応用部門大会講演論文集[III],pp.III-225-III-228, (山口大学), (2013.08.28).

    3. 「IPMSMの位置センサレス制御のための同一次元拡張誘起電圧オブザーバの新しい設計法」,野原 紗季,冨田 睦雄,長谷川 勝,道木 慎二,加藤 真二,平成25年電気学会産業応用部門大会講演論文集[III],pp.III-297-III-300, (山口大学), (2013.08.30).

    4. 「新しい設計法を用いた同一次元拡張誘起電圧オブザーバによるIPMSMの位置センサレス制御」,佐藤 弓華, 近藤 翔太, 冨田 睦雄, 長谷川 勝, 道木 慎二, 加藤 真二,電気学会・モータドライブ/リニアドライブ・合同研究会, MD-13-061・LD-13-123,pp.109-pp.114, (三重大学), (2013.12.07).

    5. 「フェライトIPMモータの高温減磁に関する検討」,佐藤光彦,金子清一,冨田睦雄,道木慎二,平成26年電気学会全国大会講演論文集[5],5-004,pp.5, (愛媛大学), (2014.3.20).

    6. 「くし形フィルタを用いたIPMSMの停止時を含む低速域センサレス制御性能改善」,鈴木 俊毅,長谷川 勝,冨田 睦雄,平成26年電気学会全国大会講演論文集[4],4-103,pp.172-pp.173, (愛媛大学), (2014.3.19).

平成24年度

    1. 「高周波拡張誘起電圧外乱オブザーバと同期検波を用いた シンクロナスリラクタンスモータの低速時における位置・速度センサレス制御」,栗田 壮一郎・冨田 睦雄・長谷川 勝・道木 慎二・加藤 真二,平成24年電気学会産業応用部門大会講演論文集[III],pp.III-287-III-290, (千葉工業大学), (2012.08.23).

    2. 「希土類磁石使用量と減磁の関係に着目したIPMモータの磁石使用量低減の検討」,佐藤 光彦・金子 清一・冨田 睦雄・道木 慎二,平成24年電気学会産業応用部門大会講演論文集[III],pp.III-207-III-210, (千葉工業大学), (2012.08.23).

    3. 「くし形フィルタを用いたIPMSMの負荷時における高速初期位置推定法」,鈴木 俊毅・長谷川 勝・冨田 睦雄,平成24年電気学会産業応用部門大会講演論文集,pp.Y-100, (千葉工業大学), (2012.08.21).

    4. 「くし形フィルタを用いたIPMSM の高速初期位置推定」,鈴木 俊毅,長谷川 勝,冨田 睦雄,平成24年度電気関係学会東海支部連合大会講演論文集,E4-6, (2012.9).

    5. 「くし形フィルタを用いたIPMSMの低速域センサレス制御性能改善」,鈴木 俊毅,長谷川 勝,冨田 睦雄,電気学会・半導体電力変換/モータドライブ・合同研究会, SPC-12-160・MD-12-054,pp.55-pp.60, (2012.11.10).

    6. 「同一次元拡張誘起電圧オブザーバによるIPMSMの位置・速度推定実験」,野原 紗季, 冨田 睦雄, 長谷川 勝, 道木 慎二, 加藤 真二,電気学会・モータドライブ/リニアドライブ・合同研究会, MD-12-071・LD-12-091,pp.41-pp.46, (2012.12.13).

    7. 「生産性を考慮したエアコンのコンプレッサ用スポーク型IPMモータの検討」,佐藤光彦,金子清一,冨田睦雄,道木慎二,平成25年電気学会全国大会講演論文集[5],5-027,pp.48-pp.49, (2013.3.21).

平成23年度

    1. 「高周波拡張誘起電圧外乱オブザーバと同期検波を用いた シンクロナスリラクタンスモータの低速時における位置推定」,加藤 光祐・冨田 睦雄・道木 慎二・大熊 繁・加藤 真二,平成23年電気学会産業応用部門大会講演論文集[I],pp.I-569-I-570, (2011.09.08).

    2. 「固定子の固定位置がモータ効率に及ぼす影響の検討と実測」,佐藤 光彦・金子 清一・冨田 睦雄・道木 慎二・大熊 繁,平成23年電気学会産業応用部門大会講演論文集[III], pp.III-229-III-232, (2011.09.07).

    3. 「高周波拡張誘起電圧外乱オブザーバと同期検波を用いたシンクロナスリラクタンスモータの 低速時における位置センサレス制御」,栗田 壮一郎・加藤 光祐・冨田 睦雄・長谷川 勝・道木 慎二・大熊 繁・加藤 真二,電気学会・モータドライブ・リニアドライブ・合同研究会, MD-11-55, LD-11-79,pp.7-pp.12, (2011.12.15).

    4. 「くし形フィルタを用いたIPMSMの停止時における突極位置推定の応答改善」,鈴木 俊毅・長谷川 勝・冨田 睦雄,電気学会 モータドライブ 家電・民生 合同研究会, MD-12-16, HCA-12-16, pp.85-pp.90, (2012.03.08).

    5. 「同一次元拡張誘起電圧オブザーバによるIPMSMの位置・速度推定」,所 千絵美・栗田 壮一郎・冨田 睦雄・長谷川 勝・道木 慎二・加藤 真二,平成24年電気学会全国大会講演論文集[4], 4-115,pp.4-195-pp.4-196, (2012.3.23).

    6. 「磁石使用量と減磁の関係に着目した希土類磁石IPMモータの磁石使用量低減の検討」,佐藤 光彦・金子 清一・冨田 睦雄・道木 慎二・大熊 繁,平成24年電気学会全国大会講演論文集[5], 5-017, pp.28-29, (2012.3.23).

平成22年度

    1. 「シンクロナスリラクタンスモータの低速時における高周波電流を用いた位置推定」,加藤 光祐・冨田 睦雄・道木 慎二・大熊 繁・加藤真二,平成22年電気学会産業応用部門大会講演論文集[I], pp.I-621-I-622.

    2. 「固定子に加わる応力のモータ効率に及ぼす影響の検討と実測」,佐藤 光彦・金子 清一・冨田 睦雄・道木 慎二・大熊 繁,平成22年電気学会産業応用部門大会講演論文集[III], pp.III-223-III-226.

    3. 「同一設計条件下における拡張誘起電圧オブザーバと拡張磁束オブザーバの特性比較」,今枝 幸嗣・大沼 巧・冨田 睦雄・長谷川 勝・松井 景樹・道木 慎二・大熊 繁,平成22年度電気関係学会東海支部連合大会講演論文集, I2-6, (2010.8).

    4. 「エアコンのコンプレッサ用モータ巻線のアルミ化の検討」,佐藤 光彦・金子 清一・冨田 睦雄・道木 慎二・大熊 繁,平成22年度電気関係学会東海支部連合大会講演論文集, C3-4, (2010.8).

    5. 「シンクロナスリラクタンスモータの低速時における高周波電流を用いた位置センサレス制御」,加藤 光祐・冨田 睦雄・道木 慎二・大熊 繁・加藤 真二,電気学会・半導体電力変換・モータドライブ・産業電力電気応用・合同研究会,SPC-10-137・MD-10-048・IEA-10-043, pp.31-35, (2010.11).

    6. 「拡張磁束オブザーバによるPMSMの位置センサレス制御の電流・電圧のオフセット外乱に対する感度解析」,今枝 幸嗣・大沼 巧・冨田 睦雄・長谷川 勝・松井 景樹・道木 慎二・大熊 繁,平成23年電気学会全国大会講演論文集[4], 4-093, pp.169-170, (2011.3).

    7. 「シンクロナスリラクタンスモータの低速時における高周波電流を用いた位置センサレス制御」,加藤 光祐・冨田 睦雄・道木 慎二・大熊 繁・加藤 真二,平成23年電気学会全国大会講演論文集[4], 4-115, pp.206-207, (2011.3).

    8. 「周期変動特性を持つ負荷を駆動するIPMモータの高効率化の検討」,佐藤 光彦・金子 清一・冨田 睦雄・道木 慎二・大熊 繁,平成23年電気学会全国大会講演論文集[5], 5-026, pp.44-45, (2011.3).

平成21年度

    1. 「IPMSMセンサレス制御のための同一次元拡張誘起電圧オブザーバの設計法」,冨田 睦雄・長谷川 勝・松井 景樹,平成21年電気学会産業応用部門大会講演論文集[I], pp.I-339-I-342, (2009.8).

    2. 「集中巻IPMSMにも適用可能な最小次元磁束オブザーバによる位置センサレス制御」,小島 研太・長谷川 勝・大沼 巧・冨田 睦雄・道木 慎二・大熊 繁・松井 景樹,平成21年電気学会産業応用部門大会講演論文集[I], pp.I-347-I-350, (2009.8).

    3. 「同期モータ位置センサレス制御用同一次元磁束オブザーバの代数設計」,長谷川 勝・冨田 睦雄・松井 景樹,平成21年電気学会産業応用部門大会講演論文集[I], pp.I-629-I-630, (2009.8).

    4. 「引張応力を利用したCO2コンプレッサ用モータの検討」,佐藤 光彦・金子 清一・冨田 睦雄・道木 慎二・大熊 繁,平成21年電気学会産業応用部門大会講演論文集[III], pp.III-291-III-292, (2009.8).

    5. 「拡張磁束外乱オブザーバを用いたPMSM の位置センサレス制御における位置推定過渡特性の評価」,今枝幸嗣・大沼巧・冨田 睦雄・長谷川 勝・松井 景樹・道木 慎二・大熊 繁,平成21年度電気関係学会東海支部連合大会, O-099, (2009.9).

    6. 「IPMSM位置センサレス制御のための最大トルク制御軸を推定する磁束モデルおよび、同一次元磁束オブザーバの代数設計」,松本純・長谷川 勝・冨田 睦雄・松井 景樹,電気学会半導体電力研究会資料, SPC-10-57, (2010.3).

    7. 「拡張磁束外乱オブザーバを用いた速度推定誤差にロバストなPMSMの位置センサレス制御」,今枝幸嗣・大沼巧・冨田 睦雄・長谷川 勝・松井 景樹・道木 慎二・大熊 繁,平成22年電気学会全国大会講演論文集[4], pp.167-168, (2010.3).

    8. 「IPMSMセンサレス制御のための同一次元拡張誘起電圧オブザーバの極配置」,冨田 睦雄・長谷川 勝・松井 景樹,平成22年電気学会全国大会講演論文集[4], pp.173-174, (2010.3).

    9. 「IPMSMの位置センサレス制御における数学モデルの選択に関する実験的検討」,小島 研太・長谷川 勝・大沼 巧・冨田 睦雄・道木 慎二・大熊 繁・松井 景樹,平成22年電気学会全国大会講演論文集[4], pp.187, (2010.3).

    10. 「引張応力に着目したCO2コンプレッサ用モータの検討」,佐藤 光彦・金子 清一・冨田 睦雄・道木 慎二・大熊 繁,平成22年電気学会全国大会講演論文集[5], pp.27-28, (2010.3).

平成20年度

    1. 「エアコンのコンプレッサ用IPMモータへのフェライト磁石適用についての検討」,佐藤 光彦・金子 清一・冨田 睦雄・道木 慎二・大熊 繁,平成20年電気学会産業応用部門大会講演論文集[III], pp.III-253-III-254, (2008.8).

    2. 「拡張誘起電圧に基づく同一次元オブザーバを用いたIPMSMのセンサレス制御」,冨田 睦雄・長谷川 勝・松井 景樹,平成21年電気学会全国大会講演論文集[4], pp.168-169, (2009.3).

    3. 「集中巻IPMSMにも利用可能な位置センサレス制御用最小次元磁束オブザーバ」,長谷川 勝・小島 研太・ 大沼 巧・ 冨田 睦雄・ 道木 慎二・ 大熊 繁・ 松井 景樹,平成21年電気学会全国大会講演論文集[4], pp.170-171, (2009.3).

    4. 「固定子直径80mmを実現したエアコンのコンプレッサ用小型IPMモータ」,佐藤 光彦・金子 清一・鈴木 光広・冨田 睦雄・道木 慎二・大熊 繁,平成21年電気学会全国大会講演論文集[5], pp.51-52, (2009.3).

平成19年度

    1. 「エアコンのコンプレッサ用モータにおけるq軸方向の空隙の影響について」,佐藤 光彦・金子 清一・冨田 睦雄・道木 慎二・大熊 繁,平成19年電気学会産業応用部門大会講演論文集[III], pp.III-265-III-268, 2007.

    2. 「パッケージエアコンのコンプレッサ用IPMモータへのフェライト磁石適用の検討」,佐藤 光彦・金子 清一・冨田 睦雄・道木 慎二・大熊 繁,平成20年電気学会全国大会講演論文集[5], p.80, 2008.

平成18年度

    1. うず電流による表面磁石型同期モータのセンサレス位置推定」,富田 輝・冨田 睦雄・道木 慎二・ 大熊繁,平成18年電気学会産業応用部門大会講演論文集[I], No.1-70, pp.I-413-I-416, (名古屋工業大学), (2006.08).

    2. 拡張誘起電圧に基づく同一次元オブザーバを用いたIPMSMの位置センサレス制御」, 池田 貴昭・冨田 睦雄・長谷川 勝・松井 景樹平成18年電気学会産業応用部門大会講演論文集[I], No.1-103, pp.I-523-I-524, (名古屋工業大学), (2006.08).

    3. 冷媒通路を回転子に配置することによるエアコンのコンプレッサ用モータの小型化の検討 」,佐藤 光彦・金子 清一・ 冨田 睦雄・道木 慎二・大熊 繁,平成18年電気学会産業応用部門大会講演論文集[I], No.3-17, pp.III-197-III-200, (名古屋工業大学), (2006.08).

    4. 「焼嵌めによる効率低下を改善したエアコンのコンプレッサ用固定子における冷媒通路配置についての検討」,佐藤 光彦,金子 清一,冨田 睦雄,道木 慎二,大熊 繁,平成19年電気学会全国大会講演論文集[5], No.5_131, pp.193-194, (富山大学),(2007.03).

平成17年度

    1. 整備中ですm(_ _)m。

備忘録

平成28年度~現在

    1. 令和3年3月9日(火):令和3年電気学会全国大会(オンライン開催(大阪大学豊中キャンパス))の、セッション「WEB22-A2 回転機制御技術 モータ制御一般(Ⅰ)」にて、座長を務めさせて頂きました。

    2. 令和2年11月25日(水):国際会議The 23rd International Conference on Electrical Machines and Systems (ICEMS2020 Web Remote Conference)のセッションLS3B: PM Motors (EV Applications (II)) (Oral Session) のChairを務めさせて頂きました。

    3. 国際会議The 23rd International Conference on Electrical Machines and Systems (ICEMS2020 Web Remote Conference), (Sponsored by IEEJ-Industry Applications Society)のMember of Technical Program Committee (TPC)を務めさせて頂きました。

    4. 令和2年3月13日(金): 令和2年電気学会全国大会(東京電機大学 東京千住キャンパス)「中止」の、令和2年3月13日(金)午後のセッション「21105-C3 回転機制御技術(PMモータ制御)」の座長を務めさせて頂きました。

    5. 令和元年8月21日(水): 2019年電気学会産業応用部門大会(長崎大学 文教キャンパス)の、セッション「R3-7 回転機制御技術(回転機制御技術一般II)」にて、座長を務めさせて頂きました。

    6. 平成29年3月15日(水): 平成29年電気学会全国大会(富山大学)の、セッション「D22-A2 パワーエレクトロニクス センサレス制御(Ⅰ)」にて、座長を務めさせて頂きました。

    7. 平成29年8月31日(木): 平成29年電気学会産業応用部門大会(函館アリーナ)の、セッション「R3-8 回転機制御技術(センサレス制御 II)」にて、座長を務めさせて頂きました。

    8. 平成29年9月8日(金): 平成29年電気・電子・情報関係学会東海支部連合大会(名古屋大学)の、ポスターセッション「エネルギー変換・産業応用機器」にて、座長を務めさせて頂きました。

平成27年度-平成28年度

    1. The 19th International Conference on Electrical Machines and Systems (ICEMS2016), (Sponsored by IEEJ-Industry Applications Society)のMember of Technical Program Committee (TPC)を務めさせて頂きました。

冨田睦雄(とみたむつを)の何研究してんの?(女優編)は、 こちら。